くすみ対策にはピーリングが有効?

くすみのおもな原因はたまった古い角質。まずはピーリングでケアを

他人が見てもわかるシミやシワなどと違い、「なんとなく顔色がさえない」というくすみは、主観的なもの。

肌がどんな状態のときにくすみを感じるかは、人それぞれです。

そのため原因もいろいろですが、皮膚科学的に言うくすみとは、角質層が厚くなったことによるものです。

20代ぐらいまでの肌は、約28日サイクルでターンオーバーをしています。

ターンオーバーが正常に行われていれば、肌の奥からどんどん新しい表皮細胞が押し上げられてきて、古い角質細胞ははがれ落ちていきます。

でも、加齢とともにターンオーバーのペースが落ちると、古い角質細胞が肌の表面にたまるため、肌色がくすんで見えるのです。

ピーリングでターンオーバーを活発に

こうしたくすみのケアに有効なのが、酸などの働きで古い角質を取り除くピーリング。

ますは、手軽に使えるピーリング化粧品でセルフケアをするのがおすすめです。

1週間に1~2回のペースで行うことでターンオーバーが活発になり、肌の透明感や弾力アップにつながります。

セルフピーリングを行っても改善しない場合、古い角質以外のものがくすみの原因となっている可能性もあるので、美容皮膚科で相談しましょう。

セルフピーリングの注意点

1.洗い流すタイプが肌にやさしい

肌にやさしいのは洗い流すタイプのピーリング剤。

ふきとりタイプや、こすって角質をとるゴマージュは刺激が強いので注意。

2.肌が少しピリピりするものが有効

ピーリング化粧品は、肌につけたときに少しピリピリし、洗い流したあとの肌がツルツルになるものが効果的。

3.ピーリング後は十分に保湿

ピーリングのあとは、保湿効果のある美容液などでしっかり保湿して肌の再生を促す。

紫外線対策も欠かさずに。

4.肌の調子が悪いときは行わない

極端に乾燥していたり、かゆみがあったりするときは、ピーリングは控える。

肌の調子がよいときを選んで行うことで効果も高まる。

黒ずみクリームの効果

美白化粧品は配合されている有効成分が何よりも大切!

シミの多くは老人性色素斑。シミの種類に合わせた正しいケアが必要

シミはおもに、6種類に分類することができます。

CMの影響か、「シミ=肝斑」と思う人が多いようですが、女性が気にするシミの多くは、老人性色素斑。

いわゆる日やけでできたシミです。

シミが気になり始めると、まず美白化粧品でケアする人が多いのですが、どんなシミにも美白化粧品が効くわけではありません。

美白化粧品の働きは、皮腐の中でメラニン色素がつくられるのを防ぐこと。

つまり、これからできるシミの予防が主な作用です。

美白ケアは、シミができる前にスタート

美白ケアはいまあるシミを、漂白剤のように漂白してくれるものではありません。

それを知らず、むやみに美白化粧品を使い続けても効果は得られません。

特に、メジャーなシミである老人性色素斑は、皮膚の中でメラニン色素がふえているだけではなく、皮膚の構造自体に変化をきたしているものです。

そのため、完成してしまった老人性色素斑は、美白化粧品を使ってもあまり薄くならず、レーザー治療などで皮膚の構造ごと治す必要があります。

美白化粧品は、シミを消すというより、予防のために使うものと心得ましょう。

シミの部分だけでなく顔全体に毎日使っていれば、5年後、10年後の肌は確実に違ってきます。

美白化粧品は成分を確認して選びましょう

美白化粧品選びの条件は、美白成分が配合されていることです。

美白成分とは、肌の中でメラニン色素がつくられるのを抑える働きがあるもののこと。

美白アイテムを買うときは必ず成分表示をチェックして、美白成分が含まれていることを確認します。

ネーミングやパッケージだけで「美白っぽい」化粧品を選んでいる人がいますが、「ホワイトハ○○」など美白効果がありそうなイメージで売られていても、実際には美白成分が含まれていないものもあります。

美白化粧品を買うときは、美白成分を参考にしましょう。

シミ対策には「医薬部外品」で美白成分入りの化粧品を

成分でうまく見つけられない場合は、「医薬部外品」の表示があるものを選ぶのがおすすめです。

医薬部外品とは、薬と化粧品の中間のような位置づけにあるもののこと。

厚生労働省が効能を認めた美白成分が含まれている化粧品は「医薬部外品」として扱われ、「日やけによるシミ・そばかすを防ぐ」と、効能も表示することができます。

ただし、医薬部外品のほうが、そうでない化粧品とくらべて必ずしも効果が高いというものではありません。

乾燥対策に必要なものとは?保湿の基本

水分だけを与えても乾燥の改善にはつながらない

肌の乾燥が気になるとき、化粧水やミネラルウォーターをスプレーする人がいますが、こうした方法は、乾燥肌対策としておすすめできるものではありません。

乾燥した肌に必要なのは、水分ではなく、保湿成分。

水分をスプレーした直後は肌がしっとりしますが、時間がたてば水分は蒸発してしまいます。

さらに水が蒸発する際、肌のうるおいまで奪うため、かえって乾燥が進む可能性もあるのです。

化粧水のなかには保湿成分が入っているものもありますが、水っぽいものに含まれる保混成分は、ごくわずか。

スペシャルケアとして人気が高いスチーム美顔器にも同じことが言えます。

水蒸気には保混成分が含まれないため、保混作用は一時的なものに過ぎず、乾燥肌の根本解決にはなりません。

乾いた肌に必要なのは保湿成分

乾燥肌対策として有効なのは、美容液でセラミドなどの保湿成分を補うことです。

本物のセラミドは、「セラミド2」「セラミド3」のように数字が表記されているもの。

成分表示でチェックしましょう。

ただし、セラミドは比較的高価な原料なので、低価格の化粧品には少ししか配合されていないこともあります。

美容液なら、3000円以上を目安に選ぶとよいでしょう。

化粧水だけではさらに乾燥し肌荒れが進む

肌が荒れているときはとりあえず化粧水だけつける人が多いのですが、それでは保温にならないばかりか、かえって肌が乾燥してしまうこともあります。

肌荒れが気になるときは、保混成分が配合された美容液などで保湿力を高めるのが基本です。

ただし、水もしみるほど肌が敏感になっている場合は、緊急のレスキューが必要。

それには、肌への当たりがソフトで、肌を保護する働きがあるクリームまたはワセリンだけをつけるのがおすすめです。

洗顔後、クリームかワセリンだけをつけるケアを数日続け、肌が回復してきたら、美容液中心とするいつものケアに戻していきましょう。

肌が荒れているときも紫外線対策としてメイクを

肌が荒れているからと、メイクをしないのはよくありません。

紫外線ケアは1日も欠かさずに行いたいもの。

パウダーファンデーションやルースパウダーは必ずつけるようにしましょう。

クリームやワセリンなどを塗り、10分ほど肌になじませてからパウダーファンデーションやルースパウダーをつけておきます。

クレンジングは肌の負担になるので、石けんだけで洗い流せるタイプのファンデーションなどを選ぶのもよい方法です。

紫外線と日焼け止めの特徴・注意点

真冬でも紫外線による肌老化は着実に進んでいる

肌老化を進める原因の一つが、太陽光に含まれる紫外線です。

紫外線は波長の長さによってA波、B波、C波の3種類に分けられますが、地上に届くのはA波とB波の2種類です。

肌が赤くなってヒリヒリする、いわゆる「日やけ(サンバーン)」を起こすのはB波(UV-B)。

A波(UV-A)は肌の奥まで届き、肌老化の原因となります。

日光を浴びると、肌を紫外線から守るために肌内部でメラニン色素がつくられ、肌の色が濃くなります。

さらに繰り返し紫外線を浴びていると、皮膚の構造自体が変化してしまい、それがシミになります。

また、肌の深い部分に達した紫外線がコラーゲンを破壊し、シワの原因になります。

紫外線によるダメージは肌に蓄積されていく

紫外線は熱をもたず、目にも見えないので、どのぐらい浴びているか自覚することができません。

また、紫外線によるダメージは蓄積されていくものなので、短時間でも紫外線を浴びれば、その分だけ肌ダメージもわずかながら進みます。

最も紫外線が強くなるのは春~夏ですが、紫外線は季節や天候にかかわらず地上に届いています。

肌を守るためには、年間を通して紫外線ケアをすることが大切です。

適量をきちんと塗らないと日やけ止めの効果は薄れてしまいます

SPFなどの数値は、1平方センチメートルの皮膚に対して2ミリグラムの日やけ止めを塗ることを想定して測定されています。

この量を顔全体におきかえると、1回の使用量は500円玉大ほどに。

でも実際には、その半分から4分の1程度しか塗っていない女性がほとんどだと言われています。

塗る量が少なすぎる場合、日やけ止めの効果は10分の1にも20分の1にもなってしまうのです。

でも、日やけ止めを厚く塗ると、ベタついたり、メイクの仕上がりが不自然になったりすることも。

紫外線吸収剤を含む日やけ止めを使った場合、肌への負担も気になります。

日常生活ならパウダーファンデで紫外線カット

肌を守るためにおすすめなのが、ファンデーションで紫外線ケアをすること。

パウダーファンデーションやルースパウダー(粉おしろい)には、紫外線散乱剤と同じ働きがあります。

日やけ止めにくらべて肌の負担にならず、やさしく紫外線を防ぎます。

顔のUVケアは、パウダーファンデーションなどをつけておけば十分です。

紫外線カット効果が特に表示されていないものでも大丈夫。

しっかり厚めに塗れば、強い日ざしでも防げます。

乳液・クリームの特徴とシートパックの注意点

乳液やクリームは肌に水分を閉じ込める「フタ」にはならない

乳液やクリームは、肌に油分を補うためのアイテムです。

昔は「化粧水で水分を補ったあと、乳液などで肌の表面に油膜をつくってうるおいを閉じ込めるとよい」といわれていましたが、実際には油膜の間から水分が逃げてしまうため、保湿効果はそれほど高くありません。

肌のうるおいを保つために必要なのは、フタの役目をする油分ではなく、肌内部で水分を抱え込むセラミドなどの成分。

肌のうるおいのためには、毎日のスキンケアは化粧水と保湿美容液だけでよく、油分は必要ないのです。

動きの激しい目元、口元にクリームを部分づけ

クリームなどに含まれる油分は、肌のうるおいというより潤滑油の働きを持ちます。

特に目元、口元は皮脂腺が少ないうえ、動きも激しいので、ある程度の油分は必要。

これらの部分だけは、クリームをつけるのもよいでしょう。

また、皮脂の分泌量は40代後半ごろから減ってきます。

肌にツヤがなくなってきたと感じたら、クリームをつける範囲を広げましょう。

サラッと軽いテクスチャーで、あまりべたつかないものもありますが、油分を補うためにつけるなら、コクのあるタイプがおすすめです。

潤い成分が不足した肌にシートパックをしても効果は持続しない

肌の乾燥対策として人気のあるケアの一つが、化粧水をたっぷり含ませたシートやコットンを使ったパックです。

たしかに、このようなパックをしたあとは肌がしっとりしますが、化粧水の成分のほとんどは水。

肌にしみ込んだ水分は、時間がたてば蒸発してしまいます。

そのため、カサつきがちな肌の根本的な改善にはつながりません。

乾燥肌を改善するためには、まず、朝晩のお手入れの際、保湿成分を含む美容液を使うことが基本。

肌の内部にうるおいをとどめる成分を補うことが大切なのです。

保湿パックは肌を密閉するものがよい

即効的にうるおいをチャージするためにパックしたいのであれば、肌に塗るとかたまり、あとで洗い流すタイプのものを選ぶのがおすすめです。

シートやコットンタイプのパックは、顔にのせている間に表面から水分が蒸発してしまうのに対し、かたまるタイプは肌の上からの水分蒸発を完全に止めることができます。

そのため、角質層の奥まで、水分がじんわり浸透していくのです。

カサつきやメイクののりの悪さが気になるときは、基本のケアに保湿パックをプラスしてみましょう。

美容液はスキンケアで最も重要な主役!

美容液こそ肌老化をくい止めるスキンケアの主役です

美容液とは、肌によい成分がたっぷり含まれているスキンケアアイテムのこと。

ひと口に美容液といっても、テクスチャーや効果はさまざまです。

毎日のケアに使うなら、まずは保湿効果のある美容液を基本の1本に。

なかでもセラミドが最も保湿力が高く、おすすめです。

セラミド(角質細胞問脂質)は、肌表面にある角質細胞どうしをつなぎとめる脂質の一種。

水と結びつく性質があり、すぐれたうるおいキープ能力を発揮します。

水に溶けないセラミドは化粧水には配合しにくいため、ほどよく油分を含む美容液などから補うのが効来的です。

セラミドは肌の内部でつくられていますが、年齢とともに減っていくため、外からも補う必要があるのです。

また、保湿以外にも、美白、アンチエイジングなどいろいろな効果をもつ美容液があります。

自分の肌の状態にあったものを選びましょう。

化粧水より美容液を重視して!

一般に、美容液は化粧水より高価ですが、スキンケアの主幹をなすものです。

すべてのアイテムにお金をかける必要はなく、美容液はよいものを選び、その分、化粧水や石けんは抑えめの価格でもOK。

美容液は、3000円~1万円くらいを目安に選ぶとよいでしょう。

「予防」のために広めにつけなければ美容液の実力は活かせない

うるおいキープのために使う保湿美容液は、たっぷりつけるのが基本です。

量が少なすぎると効果も下がるので、ケチらずたっぷりつけましょう。

美容液は、のばしながら軽くマッサージするつもりで、顔全体になじませていきます。

乾燥が気になる部分には、重ねづけするのもよい方法。

すり込まず、のせるようにつけます。

多少ベタベタしていても、そのままさわらず、浸透するのを待ちましょう。

まずは保湿美容液を顔全体にたっぷりと

美白やアンチエイジングなど、効果の異なる美容液も使う場合は、保湿美容液のあとに重ねづけします。

これらの美容液は、シミやシワが気になる部分だけでなく、広めにつけるのがポイント。

できれば、顔全体につけるのが理想です。

美白やアンチエイジング用のアイテムは、本来、予防のために使うものです。

予防効果をねらうためには、顔全体につけることが必要になります。

2種類以上の美容液を使う場合は、先に水っぽいものをつけてから、油っぽいものを重ねます。

先に油分が多いものをつけると、あとからつけた美容液が浸透しにくくなってしまうので注意しましょう。

化粧水に対する認識の間違い。正しい知識を知ろう。

これでもか!というほど化粧水をつけてもしっとり肌はつくれません

多くの人が、肌にうるおいを与えるアイテムとして、真っ先に化粧水を思い浮かべるようです。

たしかに、つけた直後は肌に水分が浸透していくような心地よさがあります。

でも、化粧水の成分のほとんどは「水」。

たっぷりつけても、時間とともに水分は蒸発し、失われてしまいます。

肌の内部にうるおいをとどめるためには保湿成分が必要ですが、化粧水に配合されるのは、水溶性のものに限られます。

また、水のような感触にするためにはいろいろな保湿成分を高濃度に配合することはできないので、化粧水に高い保湿効果は期待できないのです。

化粧水は保湿の必須アイテムではない

化粧水にスキンケア効果を求めるなら、保湿よりアンチエイジングに注目しましょう。

美肌づくりに役立つ成分の中には、水分が多い化粧水に配合するのに適したものもあるからです。

その代表が、「ビタミンC誘導体」。

高い抗酸化作用をもつビタミンCを肌に浸透しやすい形にしたもので、美白効果のほか、コラーゲンをふやしてハリを与える、ニキビ予防などさまざまな効果があります。

このほか、ナイアシン(ビタミンB3)や、植物エキスなどをはじめとする抗酸化成分も、肌荒れ、シミ、シワに有効なのでおすすめです。

コットンでのパッティングは肌の表面を傷つけます

化粧水をつけるときコットンを使うか手でなじませるか、迷う人もいるようです。

正解は、手でつけること。

どんなにやわらかいコットンも、化粧水にひたすとかたくなります。

かたくなったコットンでのパッテイングは肌への刺激が強く、長年続けると、シミや赤ら顔の原因になる場合もあるのです。

また、「コットンでつけないと浸透しない」というのは間違い。

たたいたりこすったりしたから浸透するというものでもありません。

毎日のスキンケアは「手」で行う

化粧水に限らず、スキンケアは手で行うのが基本です。

「手でつけると、手が化粧水を吸収してしまう」などと言われることがありますが、これはカン違い。

手で水をすくえることからもわかるように、手にとった化粧水が、顔につける前に吸収されてしまうことはありません。

化粧水は、まず手にとって両手のひらにのばし、顔を包み込むように、やさしくつけていきましょう。

肌が薄い目元・口元には、指の腹で軽く押さえるようになじませます。

化粧水をつける際、引きしめ効果をねらって手でパッティングするのもやめましょう。

肌をたたいて引きしまるということはありません。

洗顔は優しく丁寧に!洗い方にも注意!

洗顔後の「しっとり感」の正体はうるおいではなく油分

洗顔の目的は、汗や皮脂、クレンジングで落としきれなかったメイクアップ料などを洗い流すことです。

そのためにいちばんおすすめなのはシンプルな洗顔石けんです。

洗顔後に肌がつっぱらないことを売りにした洗顔フォームも人気がありますが、「しっとり感」が残るのは、油分を多く含んでいるから。

洗顔してすすいでも肌の表面に油膜が張ったようになっているため、しっとりしたように感じますが、洗顔後につける化粧水や美容液が浸透しにくくなることがあります。

また、美白やアンチエイジングなどに役立つ成分を配合した洗顔料もありますが、洗顔料の場合、洗い流した段階で有効成分も流れてしまうため、スキンケア効果は期待できません。

洗顔料にプラスアルファの効果を求めるより、まずは洗顔で汚れをしっかり落とし、その後のケアで、うるおいや有効成分を補うのが正解です。

余分な成分を含まない固形石けんがおすすめ

洗顔料選びのポイントは、洗浄力が肌に合っていること。

余分な成分を含まず、汚れをしっかり落としてくれるものがベストです。

成分表を見て選ぶことは難しいのですが、一般に、シンプルな固形石けんには、余分な油分などを含んでいないものが多いようです。

洗顔料の泡そのものに美肌効果はありません

洗顔の際に注意したいのが、肌をゴシゴシこすらないこと。

こする刺激は肌の表面を傷つけて肌荒れを招くほか、そこからシミになることもあります。

肌をこすらないためには、洗顔料を十分に泡立て、「泡で洗う」ようにすることが大切です。

ただし、泡が多いほどよい、というものでもありません。

泡の量の目安は、卵1個分程度。

手と顔の間に、泡のクッションができれば十分です。

それ以上泡立てても、その泡に美肌効果があるわけではありません。

顔をぬらしたまま泡立てに時間をかけすぎると肌が乾燥してしまうので、手早く、適量の泡をつくりましょう。

泡のクッションで摩擦から肌を守る

洗顔料を十分に泡立てたら、皮脂の多い部分から泡をのせていき、卵を割らない程度の力でやさしく肌になじませます。

最後に、ぬるま湯でしっかりすすぎを。

肌が「キュッ」という感触になるのが、きちんと洗えている目安です。

頬や小鼻などに脂が残っている場合は、部分的に泡をつけて洗い直しましょう。

顔をぬらしてからすすぎまで、2分ほどで終わらせるのが理想です。

クレンジングの選び方と使用上の注意点

クレンジング料選びは肌へのやさしさを基準に

最近のファンデーションは汗や水に強く、ふつうの洗顔だけでは落ちにくいもの。

そのため、洗顔の前にクレンジングが必要です。

クレンジング料の主な成分は、油分と界面活性剤です。

油分の働きは、メイクアップ料を肌から浮き上がらせること。

界面活性剤は、浮き上がった汚れを洗い流す際、油分と水分をなじませる役割を来たしています。

クレンジング料にはさまざまなタイプがありますが、ものによって、メイクを落とす力や肌への刺激が異なります。

比較的、肌に負担をかけないのが、洗い流せるクリームタイプや、白く乳化したジェルタイプです。

マスカラなどのポイントメイクも落とせるオイルタイプも人気ですが、メイクを落とす力が強い分、肌への刺激も強め。

日常的に使うより、濃いメイクをしたときだけ使うのがおすすめです。

クレンジングで毛穴の汚れまではとれません

また、クレンジングで「毛穴の汚れがとれる」というのもカン違い。

クレンジングで肌の表面をこすっても、毛穴は穴なので、奥の汚れはとれません。

それどころか、肌が乾燥して荒れてしまいます。

クレンジングはあくまでメイクを落とすもので、それ以外の目的で使用するのはやめましょう。

クレンジングはやさしく&手早く

毎日のスキンケアのなかで、最も肌の負担になるのがクレンジングです。

肌を傷めないためには、クレンジングは手早くすませるのが鉄則!

肌にクレンジング料をのせてからすすぎ終えるまで、約1分で終わらせるのが型想です。

クレンジング料はケチらず、適量を使います。

少なすぎると肌を摩擦してしまうので、肌と手の間のクッションになるくらいの量を使いましょう。

比較的、肌が強い部位であるTゾーンからなじませていき、Uゾーン、目元・口元へとのばして使用していきます。

メイクアップ料となじませたら、ぬるま湯で手早くすすぎを。

クレンジングに続けて洗顔をするので、この段階ではメイクの6割程度が落ちていれば十分です。

クレンジングの際に避けたいのは、力を入れてゴシゴシこすること。

特にほお骨の高い部分に力がかかってしまうことが多く、それを長く続けると肌が黒ずんでくることもあります。

また、クレンジングのついでにフェイスマッサージをするのもやめましょう。

クレンジング料を肌につけている時間が長くなるため、マッサージの効果より、界面活性剤によるダメージのほうがより大きくなってしまうからです。