美白化粧品は配合されている有効成分が何よりも大切!

シミの多くは老人性色素斑。シミの種類に合わせた正しいケアが必要

シミはおもに、6種類に分類することができます。

CMの影響か、「シミ=肝斑」と思う人が多いようですが、女性が気にするシミの多くは、老人性色素斑。

いわゆる日やけでできたシミです。

シミが気になり始めると、まず美白化粧品でケアする人が多いのですが、どんなシミにも美白化粧品が効くわけではありません。

美白化粧品の働きは、皮腐の中でメラニン色素がつくられるのを防ぐこと。

つまり、これからできるシミの予防が主な作用です。

美白ケアは、シミができる前にスタート

美白ケアはいまあるシミを、漂白剤のように漂白してくれるものではありません。

それを知らず、むやみに美白化粧品を使い続けても効果は得られません。

特に、メジャーなシミである老人性色素斑は、皮膚の中でメラニン色素がふえているだけではなく、皮膚の構造自体に変化をきたしているものです。

そのため、完成してしまった老人性色素斑は、美白化粧品を使ってもあまり薄くならず、レーザー治療などで皮膚の構造ごと治す必要があります。

美白化粧品は、シミを消すというより、予防のために使うものと心得ましょう。

シミの部分だけでなく顔全体に毎日使っていれば、5年後、10年後の肌は確実に違ってきます。

美白化粧品は成分を確認して選びましょう

美白化粧品選びの条件は、美白成分が配合されていることです。

美白成分とは、肌の中でメラニン色素がつくられるのを抑える働きがあるもののこと。

美白アイテムを買うときは必ず成分表示をチェックして、美白成分が含まれていることを確認します。

ネーミングやパッケージだけで「美白っぽい」化粧品を選んでいる人がいますが、「ホワイトハ○○」など美白効果がありそうなイメージで売られていても、実際には美白成分が含まれていないものもあります。

美白化粧品を買うときは、美白成分を参考にしましょう。

シミ対策には「医薬部外品」で美白成分入りの化粧品を

成分でうまく見つけられない場合は、「医薬部外品」の表示があるものを選ぶのがおすすめです。

医薬部外品とは、薬と化粧品の中間のような位置づけにあるもののこと。

厚生労働省が効能を認めた美白成分が含まれている化粧品は「医薬部外品」として扱われ、「日やけによるシミ・そばかすを防ぐ」と、効能も表示することができます。

ただし、医薬部外品のほうが、そうでない化粧品とくらべて必ずしも効果が高いというものではありません。