紫外線と日焼け止めの特徴・注意点

真冬でも紫外線による肌老化は着実に進んでいる

肌老化を進める原因の一つが、太陽光に含まれる紫外線です。

紫外線は波長の長さによってA波、B波、C波の3種類に分けられますが、地上に届くのはA波とB波の2種類です。

肌が赤くなってヒリヒリする、いわゆる「日やけ(サンバーン)」を起こすのはB波(UV-B)。

A波(UV-A)は肌の奥まで届き、肌老化の原因となります。

日光を浴びると、肌を紫外線から守るために肌内部でメラニン色素がつくられ、肌の色が濃くなります。

さらに繰り返し紫外線を浴びていると、皮膚の構造自体が変化してしまい、それがシミになります。

また、肌の深い部分に達した紫外線がコラーゲンを破壊し、シワの原因になります。

紫外線によるダメージは肌に蓄積されていく

紫外線は熱をもたず、目にも見えないので、どのぐらい浴びているか自覚することができません。

また、紫外線によるダメージは蓄積されていくものなので、短時間でも紫外線を浴びれば、その分だけ肌ダメージもわずかながら進みます。

最も紫外線が強くなるのは春~夏ですが、紫外線は季節や天候にかかわらず地上に届いています。

肌を守るためには、年間を通して紫外線ケアをすることが大切です。

適量をきちんと塗らないと日やけ止めの効果は薄れてしまいます

SPFなどの数値は、1平方センチメートルの皮膚に対して2ミリグラムの日やけ止めを塗ることを想定して測定されています。

この量を顔全体におきかえると、1回の使用量は500円玉大ほどに。

でも実際には、その半分から4分の1程度しか塗っていない女性がほとんどだと言われています。

塗る量が少なすぎる場合、日やけ止めの効果は10分の1にも20分の1にもなってしまうのです。

でも、日やけ止めを厚く塗ると、ベタついたり、メイクの仕上がりが不自然になったりすることも。

紫外線吸収剤を含む日やけ止めを使った場合、肌への負担も気になります。

日常生活ならパウダーファンデで紫外線カット

肌を守るためにおすすめなのが、ファンデーションで紫外線ケアをすること。

パウダーファンデーションやルースパウダー(粉おしろい)には、紫外線散乱剤と同じ働きがあります。

日やけ止めにくらべて肌の負担にならず、やさしく紫外線を防ぎます。

顔のUVケアは、パウダーファンデーションなどをつけておけば十分です。

紫外線カット効果が特に表示されていないものでも大丈夫。

しっかり厚めに塗れば、強い日ざしでも防げます。