化粧水に対する認識の間違い。正しい知識を知ろう。

これでもか!というほど化粧水をつけてもしっとり肌はつくれません

多くの人が、肌にうるおいを与えるアイテムとして、真っ先に化粧水を思い浮かべるようです。

たしかに、つけた直後は肌に水分が浸透していくような心地よさがあります。

でも、化粧水の成分のほとんどは「水」。

たっぷりつけても、時間とともに水分は蒸発し、失われてしまいます。

肌の内部にうるおいをとどめるためには保湿成分が必要ですが、化粧水に配合されるのは、水溶性のものに限られます。

また、水のような感触にするためにはいろいろな保湿成分を高濃度に配合することはできないので、化粧水に高い保湿効果は期待できないのです。

化粧水は保湿の必須アイテムではない

化粧水にスキンケア効果を求めるなら、保湿よりアンチエイジングに注目しましょう。

美肌づくりに役立つ成分の中には、水分が多い化粧水に配合するのに適したものもあるからです。

その代表が、「ビタミンC誘導体」。

高い抗酸化作用をもつビタミンCを肌に浸透しやすい形にしたもので、美白効果のほか、コラーゲンをふやしてハリを与える、ニキビ予防などさまざまな効果があります。

このほか、ナイアシン(ビタミンB3)や、植物エキスなどをはじめとする抗酸化成分も、肌荒れ、シミ、シワに有効なのでおすすめです。

コットンでのパッティングは肌の表面を傷つけます

化粧水をつけるときコットンを使うか手でなじませるか、迷う人もいるようです。

正解は、手でつけること。

どんなにやわらかいコットンも、化粧水にひたすとかたくなります。

かたくなったコットンでのパッテイングは肌への刺激が強く、長年続けると、シミや赤ら顔の原因になる場合もあるのです。

また、「コットンでつけないと浸透しない」というのは間違い。

たたいたりこすったりしたから浸透するというものでもありません。

毎日のスキンケアは「手」で行う

化粧水に限らず、スキンケアは手で行うのが基本です。

「手でつけると、手が化粧水を吸収してしまう」などと言われることがありますが、これはカン違い。

手で水をすくえることからもわかるように、手にとった化粧水が、顔につける前に吸収されてしまうことはありません。

化粧水は、まず手にとって両手のひらにのばし、顔を包み込むように、やさしくつけていきましょう。

肌が薄い目元・口元には、指の腹で軽く押さえるようになじませます。

化粧水をつける際、引きしめ効果をねらって手でパッティングするのもやめましょう。

肌をたたいて引きしまるということはありません。