乳液・クリームの特徴とシートパックの注意点

乳液やクリームは肌に水分を閉じ込める「フタ」にはならない

乳液やクリームは、肌に油分を補うためのアイテムです。

昔は「化粧水で水分を補ったあと、乳液などで肌の表面に油膜をつくってうるおいを閉じ込めるとよい」といわれていましたが、実際には油膜の間から水分が逃げてしまうため、保湿効果はそれほど高くありません。

肌のうるおいを保つために必要なのは、フタの役目をする油分ではなく、肌内部で水分を抱え込むセラミドなどの成分。

肌のうるおいのためには、毎日のスキンケアは化粧水と保湿美容液だけでよく、油分は必要ないのです。

動きの激しい目元、口元にクリームを部分づけ

クリームなどに含まれる油分は、肌のうるおいというより潤滑油の働きを持ちます。

特に目元、口元は皮脂腺が少ないうえ、動きも激しいので、ある程度の油分は必要。

これらの部分だけは、クリームをつけるのもよいでしょう。

また、皮脂の分泌量は40代後半ごろから減ってきます。

肌にツヤがなくなってきたと感じたら、クリームをつける範囲を広げましょう。

サラッと軽いテクスチャーで、あまりべたつかないものもありますが、油分を補うためにつけるなら、コクのあるタイプがおすすめです。

潤い成分が不足した肌にシートパックをしても効果は持続しない

肌の乾燥対策として人気のあるケアの一つが、化粧水をたっぷり含ませたシートやコットンを使ったパックです。

たしかに、このようなパックをしたあとは肌がしっとりしますが、化粧水の成分のほとんどは水。

肌にしみ込んだ水分は、時間がたてば蒸発してしまいます。

そのため、カサつきがちな肌の根本的な改善にはつながりません。

乾燥肌を改善するためには、まず、朝晩のお手入れの際、保湿成分を含む美容液を使うことが基本。

肌の内部にうるおいをとどめる成分を補うことが大切なのです。

保湿パックは肌を密閉するものがよい

即効的にうるおいをチャージするためにパックしたいのであれば、肌に塗るとかたまり、あとで洗い流すタイプのものを選ぶのがおすすめです。

シートやコットンタイプのパックは、顔にのせている間に表面から水分が蒸発してしまうのに対し、かたまるタイプは肌の上からの水分蒸発を完全に止めることができます。

そのため、角質層の奥まで、水分がじんわり浸透していくのです。

カサつきやメイクののりの悪さが気になるときは、基本のケアに保湿パックをプラスしてみましょう。